スーパーPフォースと男性の写真

スーパーPフォースは勃起不全の改善や早漏改善に効果があるとされる治療薬です。セックスなどで悩んでいる男性のほとんどはこちらの治療薬で改善できるかと思います。効果や効能、服用するにあたっての副作用なども詳しくお伝えしていきます。

スーパーPフォースでEDと早漏改善で自信を持とう

スーパーPフォースのすごいところは、EDと早漏を治せることにあります。 通常、下半身の治療薬は一つの症状にしか効きません。 ED治療薬なら勃起不全、早漏治療薬なら早漏にしか効きませんが、スーパーPフォースはその両方に作用してくれます。 身体の小さな日本人なら、半錠にしても十分な効果を期待できます。 バイアグラのシルデナフィルが100mg配合されているので、半錠にして飲むのが正解と言えるでしょう。 用量を増やして飲むことは、予想外に副作用を強くしてしまう要因ともなります。 スーパーPフォースの価格は個人輸入の相場で400円程度となっており、まとめ買いをすればお得になります。 半錠にして飲むことを考えると、SEX1回あたりにかかる薬代は200円程度です。 医療機関でバイアグラの処方を受けた場合は、1錠で軽く1,000円を超えてしまいます。 サプリメントも1ヶ月あたり安くても3,000円はかかりますから、スーパーPフォースのほうが安上がりでしょう。 スーパーPフォースは効果が6~8時間も継続してくれるので、1回のSEXにかける時間としては十分なものです。 2回、3回と続けてSEXをされる方も多く、スーパーPフォースを服用してコンプレックスがすべて解消したという方は大勢います。 男性機能の衰えを感じたときは、精力剤やサプリを試してみる方が多いでしょうが、即効性を得ることはできません。 これらは健康補助食品なので、1ヶ月で変化を感じられれば早いほうなのです。 3ヶ月以上かかる方もいるので、即効性を求める方には向いていません。 すぐに効果を実感したいなら、健康食品よりも医薬品を利用しましょう。 スーパーPフォースなら30分もせずに効果を感じられることが多いです。

スーパーPフォースの効果的な飲み方

スーパーPフォースにはEDに効果的なシルデナフィルと、早漏に効果を発揮するダポキセチンの2つの成分が配合されています。作用機序は全く異なるので、併用することができるという理由と、EDと早漏の2つの症状を持つ男性が別々に服用するという煩わしさを排除した飲み薬となっています。しかし、飲み薬というものは正しい飲み方をしなければ、効果が発揮されないばかりか、半減して上手く機能しないこともあるので注意しなくてはいけません。特にシルデナフィルは食事による影響を受けやすく、食後の満腹時に服用すると効果がでないといった報告があります。シルデナフィルが体内に吸収されるには、経口投与によって胃から腸へと運ばれた時に腸管から体内に吸収されるようになっています。食後に服用すると、食べ物が胃や腸に残ってしまい、成分が吸収されるのを阻害してしまいます。特に脂っこい食べ物では、脂質がべったりと残ってしまい、上手く吸収されずにそのまま排出されてしまう可能性があるのです。良くED治療薬を服用しても効果がないといった人は、腸に残った油膜のせいで吸収できない食後に服用していることが多いようです。そのため、効果的な服用を考えるなら、食事を摂取する1時間前の空腹時、または食後2~3時間が経過してから飲むのが良いとされます。脂っこい食事を摂った場合は、脂質が残らない時間まで待つ必要があるため、およそ7時間は経過するまで待つようにしましょう。吸収さえしてしまえば、その後にどれだけ食事を摂っても問題ないので、服用する際は食事の時間を考えて飲むことが必要になります。ダポキセチンは食事に影響されにくい性質ですが、基本的に同じように空腹時が良いとされます。また、脱水症状に似た副作用を起こす可能性があるので、服用にはコップ1杯の多めの水分を摂るようにしましょう。

スーパーPフォース服用時は水分を多めに摂取

スーパーPフォースは男性の性機能の悩みに多いEDと早漏の両方に対応した医薬品で、1つの錠剤で2つの症状が改善できるお得な飲み薬となっています。EDの原因には様々なものがありますが、多くは陰茎に血液が十分に送られないことが挙げられ、スーパーPフォースの成分であるシルデナフィルが、血管を拡張することで血液の流れを良くし、陰茎に十分に送られるようにサポートします。また、勃起力を維持するために必要なcGMPを破壊する酵素を阻害する働きもあるので、途中で萎えるといった症状でも効果的な薬となっています。早漏に対する働きは、ダポキセチンと呼ばれる成分が脳内の精神を安定させるセロトニンと呼ばれる物質の量を増やし、性行為に対する緊張や興奮といったものを静めることで、射精の時間をコントロールすることができるようになっています。この異なる作用を持つ2つの成分によって、パートナーとの行為で満足感を与えてくれるようになっています。効果が発現するまでの時間はある程度必要なため、性行為の1時間前に経口投与します。食事による影響を受けやすいので、基本的に食後などは避け食前といった空腹時に、コップ1杯の水またはぬるま湯で飲み込むようにします。水分を多めに摂るのは、成分を腸までしっかり届かせることと、副作用を抑える働きがあるためです。この際に水の代わりにお酒を使用することもできますが、深酒をすると一気にアルコールが回って悪酔いしてしまったり、吸収が妨げられて効果が半減することもあるので、控え目に飲むようにしましょう。適量であればお酒によるリラックス効果で、性行為に対する緊張感を和らげることができます。効果が持続するのは5時間ほどなので、飲むタイミングには十分に注意しましょう。